松井珠理奈10年目の“頑張らない”境地「仲間を信じて盛り上げ役に」、指原への想いも吐露|ウォーカープラス

1064779_615

AKB48の姉妹グループ、SKE48の10周年を記念した特別番組『めちゃんこSKEEEEEEEEEE!!』(dTV)の配信がスタートする。SKE48メンバーがさまざまな企画にチャレンジする王道バラエティーだが、松井珠理奈が「10年グループが続くと思っていなかったし、自分がまだいるとも思っていなかった」と明かすなど、番組内ではSKE48の10年間の歩みも紹介される。そんなSKE48の中心メンバーである松井珠理奈、大場美奈、高柳明音の3人へウォーカープラスが独占取材。冠番組の見どころをはじめ、篠田麻里子、松村香織、指原莉乃らメンバーの卒業への想いや過去つらかった時期など、激戦のアイドル業界で続けてきた“今だから話せるSKEの10年間”を3人が語ってくれた。


――松井さんは唯一のSKE48一期生ですね。グループを引っ張っていかなきゃという思いがあったのでしょうか?

【松井珠理奈】 そうですね。今、一期生は私一人しかいないですし。10年ずっと「自分が頑張らなきゃ」って思っていました。でも、ここにいる2人とか“後輩だけど年上”っていうメンバーも多いので、裏では甘えたりしています。実は、今は自分が引っ張っていこうとはまったく思っていなくて。私は気負い過ぎずに盛り上げ隊に徹しようと思っています。

【大場美奈】 本当にずっと心配していて、ずっとギリギリやっていて。今それを聞いて、本当の意味で安心できるよ。

【高柳明音】 私たちもおじゅりちゃん(松井珠理奈)のことを「高いところにいる人だな」って思いすぎていた時期もあったかな。今まで先頭走ってくれていたけれど、10年経った今は真逆で、ただ笑顔でいてくれればいいんじゃないかなって。

【大場美奈】 誰か1人がめっちゃ頑張るんじゃなくて、全員でパスを回していく形になってきている。1番大切なところはやってもらう、そういう“連携プレー”ができるようになったね。

【松井珠理奈】 嫌なことは嫌だって言いますけどね。「みなるんこれヤダって言って!」とか(笑)

【高柳明音】 ずっと一緒にやってきているからこそ、やっと弱みを見せてくれるようになって、頼ってもらえるのはみんなすごくうれしいんだよ。














dTV「めちゃんこSKEEEEEEEEEE!!」のインタビューとのこと〜

ちょうど今日から公開されています!1話は無料、Youtubeで見ることができるのでぜひ!

SKE48の10年の話、指原さんのお話、かおたんのお話など…全文はこちら










このエントリーをはてなブックマークに追加
※3行までの改行制限を設定しました。
コメント欄に新機能が実装されました。
コメントへのレスは「>>(半角)レス番号」でお願いします。
「※レス番号」は反映されなくなりました。