SKE48 6期生が悲願のZepp Nagoyaのステージへ「夕立の前」に贈るこれまでの軌跡 | WWSチャンネル
http://www.wws-channel.com/girls2/165945.html

bf7bc463b211f243b014459d49aa61bc


9月11日、SKE48の6期生が単独ライブ「SKE48 6期生 Zepp Nagoya 単独ライブ 〜今までと、これから〜 Supported by ゼロポジ」を、愛知・名古屋のZepp Nagoyaで開催する。彼女たち「栄6期生」が2017年の「じゃんけん大会」以来、2年の月日を経て悲願のステージに立つ。北川綾巴卒業を前に実現したライブを前に、6期生が歩んできたこれまでの道のりを振り返ってみたいと思う。

6期生は2013年2月28日に劇場でお披露目され研究生として活動を開始した。
当時を取り巻くSKE48の環境としては、ファンを震撼させた矢神久美、小木曽汐莉ら選抜メンバーを含む“大量卒業”の余波で、今後のグループのあり方についてメンバー、ファン、スタッフがそれぞれの考えで試行錯誤を行なっていた時期だった。そんな中で6期生に期待されたのは空いた枠を埋められる即戦力としての活躍だった。事実、正規メンバーへ最短昇格を果たした東李苑、AKB48グループ研究生の選抜ユニット「てんとうむChu! 」のメンバーに選ばれた北川綾巴など、ポテンシャルを発揮するメンバーもいた。今でこそ、ソログラビアや親善大使、地元局の冠番組にラジオパーソナリティなど多岐に渡る活躍を見せる6期生だが、その芽が開花するまでには長い道のりがあった。










すごく詳しくてアツい記事!

現場はそろそろ開場がはじまった頃でしょうか…

素晴らしいライブになりますように!









このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

    • 1. bkhsttir
    • 2019年09月11日 23:55
    • ID:qTe8DPzv0
    • 私情入りすぎ、熱すぎでとともよいw
誹謗中傷コメントは絶対におやめください。
アンチコメントには絶対に反応しないようお願いします
・3行までの改行制限を設定しました。
・コメントへのレスは「>>(半角)レス番号」でお願いします。
・「※レス番号」は反映されなくなりました。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット